自分のニーズ・ウォンツ・シーズを整理してキャリアをデザインしよう

みなさん、こんにちは。

c93252b32e79f7a90d88594a34cdf866_s

「結局、キャリアの曲がり角に差し掛かっている私たちは、どうすればいいのですか?」

という今日発の記事がありました(リンクは稿末)。

「自分のキャリアぐらい、自分で考えろ!」

と言ってしまうと、それでお終いになってしまうので、もしくは、

我々、キャリア・カウンセラーにご相談ください!

と言ってしまうと、ただの私の営業になってしまうので、
おそらく、ロールモデルがあって、それに乗っかりたいと思っているのかな、と思います。何か、”こうあるべし”というものがあって、それを追求していれば、少なくとも大きな失敗はせずに無難に働ける、そんなワークスタイルが欲しいのかもしれません。
しかしながら、人口減少社会に突入し、あちらこちらで”人材難”が叫ばれる一方、そんな人材はいないにも関わらず、自社にフィットする”即戦力”を求められるのでは、ロールモデルも何もあったもんじゃありません。

ここで考えるヒントは、ニーズ・ウォンツ・シーズ(Needs・Wants・Seeds)という概念です。マーケティングでの考え方ですが、キャリアも、会社や業界の中でどうやって自分を売り込むかという一種のマーケティングですから、この概念を応用することができるでしょう。ニーズというのは、自分が求められる最低限の能力、ウォンツは、最低限の能力にプラスされる付加価値、シーズは自らが持っている能力のリストと考えられます。
よく、自分のキャリアを棚卸ししようと言いますが、何から手をつけていいのかわからないことも少なくありません。一つの考え方として、自分と会社のニーズ・ウォンツ・シーズを整理し、最適なミックス(mix)を見つけられれば、これからどうしていけば良いかが導き出せるのではないでしょうか。

 

【参照資料】
結局、キャリアの曲がり角に差し掛かっている私たちは、どうすればいいのですか?(PRESIDENT WOMAN)
これまでの女性管理職は、もうロールモデルにならない(ダイヤモンド・オンライン)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 社会復帰へにほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへにほんブログ村 経営ブログ カウンセラーへ

株式会社サンプルの最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください