メールチェックNG?

みなさん、こんにちは。

朝一番にデスクについてまずやることはメールチェック、という方は多いかなと思います。
私の場合、朝・夕に一回ずつ受信フォルダを開きますが、同じメールを二度見することはしません。
私は企業の営業職ではないので、一日に数百通、一週間に千通以上のメールが来る、ということはありませんが、それでも、届いたメールを全て開封し中身を確認することはしません。未読のものの方が多いです。

1cae83868811c002e5b6e6e235f302b4_s

前提として言いたいのは、脳が元気なうちに重要度の高い仕事をしたほうが効率的だということです。メールチェックを後回しにできるなら、そのほうがベターです。ITテクノロジーが進化し、メールにしても1枚の企画書を書くにしても、検索エンジンやらエクセルやらを駆使して、完成度を高めようとしてしまいます。完璧主義になったらその作業に終わりはありません。そのプロセスで、あっという間に“意思決定疲れ”してしまうのです
医学博士 石川善樹先生)

“意思決定疲れ”というのは、大学院で意思決定システムを研究していた身からすると、興味深い概念です。意思決定論では、しばしばコスト/ベネフィット分析をしますが、その意思決定自体が一つのコストである、という概念は斬新です。
とまぁ、アカデミックな話は横に置いておいて、顧客への資料ならともかく、社内資料に完璧を求めるのは、大変な損失です。言いたいことがわかればいい。フォントとかはかなりどうでもいい。クリエイティブなものがあるかということが重要。そういうクリエイティブなものは、脳が元気なうちにしておいた方が、良いアウトプットが出ます。たかがメール処理、されどメール処理。

それから、ストレスコーピングも大事ですね。

「ストレスは流す努力をすること。ストレスに強い心と体を作り、レジリエンス(復元力・元に戻る力)を鍛える。そのためには、『今日は間食を止められた』など、小さな目標でも達成して、ポジティブな気持ちを増やしましょう」

えっと、応力に対する”強さ(strength)”と”復元力(resilience)”は、対極の概念なので、同時に向上することはできないんですが…。まったく、これだから理系音痴は…

 

【参照記事】
メールを「二度見」してるから君はダメなんだ(横山信弘の絶対達成2分間バトル、日経ビジネス)
メールチェックはダメ! 始業から1時間の習慣 疲れが明日に“残る人、残らない人”どこが違う?:午前10時の習慣(大塚常好、プレジデント)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 社会復帰へにほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへにほんブログ村 経営ブログ カウンセラーへ

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました