「挑め、燃えろ、新しい人よ。」(伊集院静)

新年度4月1日の各新聞社の1面広告には、

新入社員への伊集院静氏のメッセージつきの、サントリーの広告記事が毎年掲載されています。

今年の内容は、というと…

新社会人おめでとう
今日、君はどんな職場で、この日を迎えただろうか。
どんな職場、仕事であれ、そこが君の出発点だ。
仕事とは何だろう?働くことは何だと思う?
人間は誰でも、身体の火を起こす石のかけらを持っている。
働くとは、その石を打ち続けることだ。
仕事とは、その火をかたちにすることだ。
その火は、人々に希望を与え、こころをゆたかにするんだ。
今、私たちの社会はさまざまな問題であふれている。今までのやり
方では解決しないものだらけだ。だから新しい人よ、ユニークで、
まぶしい、燃える君の炎のが欲しい。
新しい発想、力は、挑戦する中にしか生まれない。
挑め、失敗してもあきらめるな。さらに挑め。
困難に立ちむかう人間の中には真理がある。
自分のために生きるな。仕事は誰かのためにやるものだ。
それが人間の品性だ。仕事の品格だ。
しかし、本物の仕事は辛いぞ、苦しいぞ、きびしいぞ。
それでも元気に明るく、笑って走るのが新しい人だ。
少し疲れたら、夕暮れ、こころを抱いてくれる一杯をやろう。
新しい人よ、君に乾杯。

(引用者によるコメント追加の可能性あり)

春の初回のみ相談料無料キャンペーン、実施中!】

株式会社サンプルの最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください