”あこがれ企業1年目”外伝

今日の日経では、”投資銀行・コンサル・商社 あこがれ企業1年目の現実”という記事が、

最もよく読まれているようです。まさに、”あこがれ”の証左でしょうか。

 

率直な私の感想を言ってしまうと、知っていることばかりでした。

なぜなら、私の周りには、これらの業界で活躍している人たちが結構いるからです。

まぁ、地頭ではハナからこの人達には敵わないですが、それでも東京早慶一工*出身ですので、一応・・

”外銀志望を支援する団体”についても、記事では触れていましたが、私が新卒就活をした10年前でも、

研究室間で、外資金融・コンサル志望者限定の有志メーリングリストがあったくらいです。

(受ける気ゼロなので、受けない理由探しに登録していました)

大学院での専門が意思決定論だったので、私も専門が活かせそうなコンサルに行きたいとは思いましたが、

体力には全く自信がないので、外資系(戦略系)、総研系などのコンサルには、

エントリーすらしませんでした。あんな働き方をしたら、3日ももたない。。

実際、某総研の会社説明会で、「そんな働き方で、体壊しませんか?」と個別の質疑応答で聞いたところ、

「壊しますよ。(それが何か?)」とさらっと返された時は、

こりゃ自分が入れる世界じゃないわ、と思ったものです。

就活が終わってから、ダメ元でいいから、N村総研のコンサルに応募すればよかったと嘆きましたが、

いま、”N村総研 コンサル 倍率”でググったら、御多分に洩れずの激務ぶり。

まず受かんないだろうけれど、エントリーしなくて正解。

 

ワークライフバランスというのは、別に育児休暇の人に限定した話ではありません。

いろんな事情で長時間働くことはできない人たちにも、活躍の場を与え、

組織と業績の多様性を実現するための概念なのです。

仕事柄、どうしても不規則な労働が必要な業界もあるでしょうが、

全体的には、時間外労働削減の方向に我が国も向かおうとしています。

これについては、そのうち、もっと突っ込んだ話をすると思います。乞うご期待。

 

*東大・京大・早稲田・慶應・一橋・東京工業の略

株式会社サンプルの最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください