2017年度新卒採用広報解禁!

新卒採用広報解禁の3月1日となりました。

就活四季報を出版している、東洋経済は、早速、

就活は何よりも「スタートダッシュ」が大切だ」という記事を出しています。

本文を読むと、あたかも、内定を取ること自体は難しくないような書き方がされていますが、

私自身は、浪人したり大学院に進んだりしたため、普通の就活生よりも5年も歳を食っていたこともあってか、

かなり苦労しました。文章を書くのは苦手ではないので、ESはほぼ全て通りましたが、

一次面接で半分は落とされてしまいました。その後の二次面接(人事面接)では、

圧迫面接を受けたりして、これまたほとんど全滅。結果、とあるIT企業に内定を頂きました。

というか、人頭数が必要なIT企業“にしか”内定がもらえなかったのです。

就活は社会人生活の前段階ですが、社会人生活は、言うまでもなく不条理の塊・不条理の連続です。

したがって、就活も不条理の塊、不条理の連続です。

就活はお見合いだとかいう人もいますが、お見合いにしては、随分片方の立場が強すぎます。

本来、インターンなどで就業能力を図ることで内定を出すのが、一番理に適っていると思うのですが、

日本の雇用システムが新卒一括採用の仕組みを取っていることもあって、

”大学時代に頑張ったこと”など、本来仕事と無関係のプライベートなことに土足で踏み込み、

それを以って社会人基礎力のアナロジーとして就業能力を図る仕組みになっています。

就活を恋愛に例える就活エージェントもあるくらいです。

悩める就活生のみなさん、大学のキャリア相談を使い倒しましょう。

一人で抱え込んでも、いいことは何もありません。

就活生が一人でも多く、Win-Winなマッチングに出会えるよう、願うばかりです。

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました