「同一労働同一賃金」は善か?

昨晩の記事で恐縮ですが、

「同一労働同一賃金」を実現=安倍首相、施政方針演説で表明へ」と時事通信の報道にありました。

はぁ???って感じです。

はっきり言います。正社員と派遣社員の給料が違うのは、当然です。

「同一労働同一賃金」の理屈だと、ほとんど何のスキルもない新人社員に、

20万も初任給を出すのはおかしい、ということになりませんか?

研修の時期と、現場に出た時とで給料が変わらないのもおかしい、ということになりませんか?

(残業代は勿論別です)。

では、なぜ殆ど戦力にならない社員に、実際に現場で働いている人とほぼ同じ賃金を払うのでしょうか?

それは、新入社員のポテンシャルに投資をしているからです。

現場に出て成果を出しつつ現場を知り、将来は管理者として出世して

リーダーシップを発揮することを期待されているからです。

派遣社員やアルバイトには、そんなポテンシャルは必要ありません。だから給料が安いのです。

単純に給料が労働量に比例する仕組みですから、<u>当然、ボーナスも出ません</u>。

某大手企業では、新卒社員を採用する際、大卒を対象とした”ポテンシャル採用”と、

高卒程度を対象とした”プロフェッショナル採用”とを、はっきり分けて採用しています。

最初は同じ工場勤務(つまり同一労働)でも、その後の出世コースがまるで違うのです。

だから、給料が違うのです。公務員におけるキャリアとノンキャリの違いも、本質的にはこれです。

「いやいや、正社員より仕事のできる派遣さんはごまんといる」とお考えかもしれません。

それなら、時給に成果主義を持ち込み、その方の時給を上げればいいだけの話です。

もしくは、正社員への登用にチャレンジする機会を与えればいいのです。

ニートの方や学生アルバイトの収入が低すぎるという問題も同じです。

民間企業に、非正規社員の生活保障の役割を期待するのは誤りです。

彼らが、そんな収入では生活できないというのであれば、それは社会保障で対応すべき問題です。

逆に言うと、大学を出て、安易にフリーターになるというのは、

キャリアデザインとして非常にまずいのです。

非正規社員が正社員に登用される仕組みは、まだ日本にはとても少ないからです。

「同一労働同一賃金」という主張は机上の空論で偽善である、と私は考えます。

* 本記事は、私の個人オピニオンブログにも同一記事を掲載いたします。

【1.21追記】
毎日新聞の記事に関して、いろんな人がいろんなことを言っています

コメント