格好良い人をつくる10の習慣

女性誌DRESSのウェブサイトに、「カッコいい女をつくる10の習慣 #2」という記事が、今日アップデートされました。私は女性誌を愛読しているフェミニスト、ではなくて、Facebookを眺めていたら見つけた記事です。インタビュイーは、サイバーエージェント執行役員の横山祐果さんという方です。インタビュイーの高スペックぶりはさておいて、内容を以下抜粋します。

1. 「反省メモ」を書いて忘れる
…スマホのメモ帳アプリに記録しています。

2. 「教えて上手」「お願い上手」になる
自分ひとりでなんとかしようとせず、みんなの力で大きな成果を生み出そうとするのが会社という場なのだと思います。

3. 感謝&フィードバックを忘れない
…あまり会えないときはLINEやメールも使います。

4. 疑わしきは徹底して潰す
わからないことがあれば、いつでも誰かに質問し、自分で考えて「だめだ」と思ったら、そこで物事をやめることもあります。

5. 「関係ないこと」に日々プチ熱中する
…夜遅く帰っても、寝る前に必ず仕事以外のことをしていますね。

6. 真顔が笑顔

7. 不義理は働かない、期待は裏切らない
隠しておいて後で「ちょっとな……」と思うことや他の人が嫌な気持ちになることはしたくありません。
また…せっかく期待してもらったからには、裏切りたくありません。

8. 飾らない
…背伸びはしませんが、かわりに素直さと尊敬の気持ちを持って接すると決めています。

9. いつも、ちょっとだけふざけたい
仕事は、いつも楽しいことだけではありません。…そういった場面でも、心のどこかで楽しいところや面白いところは見つけるようにしています。

10. 切り替えが早い
目の前のことだけに集中できるタイプです。

いかがでしょう?

同性から見た”カッコいい女性”というのがどういう感覚なのかはちょっとわかりませんが、

これって、男性にも当てはまるような気がします。

全部実践できたら、周りの人も自分自身も気持ち良く仕事ができそうですし、

パフォーマンスもぐっと向上しそうですね。

個人的には、”女性の働き方”に関するTipsは、概して、男性にも当てはまると感じています。

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました