通勤時間の読書術〜何をどう読むか〜

ダイヤモンド・オンラインで「通勤通学スーパー読書術」という連載が、スタートしました。

本が好きです。それが高じてか、Amazonで、レビューを書いています。

買っただけで400冊くらいあるかなぁ。最近、数えたことはありませんが。

本は冊数ではなく、トンt(ダンボールの数)で測るものだ、とは大学院でお世話になった

先生の言なので、私の読書量なんて大したことはないのですが、

私の事務所は寝室を兼ねた書斎なので、四方を、本棚に囲まれています。

私は本は手にとって読む派なので、そろそろ保管場所も限界に来ているのですが、

勝間和代さん(経済評論家)が面白いことを言っていて、

興味を持った本は全部まとめ買いし、速読で読破し、

気に入った本以外は全部、ブックオフに売ってしまう。

すると、本棚はお気に入りの本だけで占められる。こうすれば書斎は要りませんね。

私も、読後がイマイチだなと思った本は、本棚から倉庫のダンボールに駆逐し始めています。

それから、ちょっと気になった程度の本は、全部図書館で借りて済ませる。

多少、借りる順番が回ってくるのが遅くなることがありますが、

そもそも関心の度合いはそれほど高くないので、これで十分。

通勤時間は、貴重な読書時間ですね。

近年、鉄道会社の輸送力増強策が功を奏し始めたので、

大体の路線では、ラッシュ時でも本が読めるようになりました。

私は、東京都心から急行で1時間かかる辺鄙なところに住んでいるので、

通勤中にまとまった時間が取れます。

電車がどこを走っているかは体が覚えているので、乗り過ごすことなく、読書に集中できます。

大学院生だった頃は、図書館で借りた本を速読で読み漁ったり、

修士論文の提出間際では、手のひらサイズのノートPCで立ったまま原稿を書いていました。

もっとも、社会人になってからは、仕事で疲れていることが多いので、もっぱらiPodの

お世話になっています。それでも、音楽に夢中になって乗り過ごすことはありません。

冒頭ご紹介した記事の筆者は、読書時間を確保するために、わざわざ遠回りにして、

本を読む時間を確保しているようですが、そういう時は、じっくり読む本を手に取る

速読で読み漁る本にすれば、通勤時間が短くても読書する時間を確保できます。

本当にじっくり読みたい本を読みたい時は、喫茶店とかを利用するのも一考でしょう。

読書も社会人に必要な教養、言って見れば仕事のうちでしょうから。

(速読については、また次の機会に)

 

【他の記事】
戦略的な読書術の3つのポイント(拙稿
仲間からリスペクトされる読書術(拙稿)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 社会復帰へにほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへにほんブログ村 経営ブログ カウンセラーへ

株式会社サンプルの最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください