いまいち仕事に充足感がないあなた、”パラキャリ”を見つけてはいかが?

みなさん、こんにちは。マインドデザイナーの山口修司です。

みなさんは、”パラキャリ”という言葉は、聞いたことがありますか?

パラキャリとは、”パラレルキャリア”の略で、wikipediaから引用すると、

ピーター・ドラッカーが著書『明日を支配するもの』等にて提唱しているこれからの社会での生き方のひとつ。現在の仕事以外の仕事を持つことや、非営利活動に参加すること

だそうです。副業とよく比較されるようですが、副業と違って、収入が目的ではない、というのが共通認識のようです。

 

あなたにとって、”キャリア”とは、なんでしょうか?
仕事と捉えている方が多いと思いますが、我々、キャリアの専門職はもう少し広い捉え方をしていて、

”働くことにまつわる「生き方」そのもの”

と捉えています。収入の多寡は必ずしも重要ではないわけです。

 

かくいう私も、”パラキャリ”を持っています。
先日は日経への投書を社説でパクられ、怒り心頭です。文章は違っているけど、扱っているトピックとその順番は酷似していました。

、、とそれはともかく、
当コラムの基本的ポリシーは、政治・ビジネス・宗教の話題は取り扱わないことにしています。

しかしながら、いち市民として、思うことも感じることもあるので、それを表現する媒体を持っています。具体的には、オピニオンブログAmazonカスタマーレビューです。

 

例えば、オピニオンブログは、こんな感じです。

枠下の広告がうざいですね。細々と書いていまして、累計アクセス数がもうすぐ10万になりそうです。ブログのアクセス数としては少ないですね。

 

一方、Amazonの方は、こんな感じです。

目標は、ベスト1000レビュアーの称号を得ることです。ついに1000番台に乗りました。あと30冊くらい書いたら、ベスト1000に入れるかな。専門職として実名を出している投稿もありますし、その必要性もなく、出していないものもあります。

 

このコラムと厳密に線引きするのは難しいので、私の場合、パラキャリではなく、仕事とひとくくりに”ライフワーク”と自分では呼んでいます。
いずれにしろ、メインキャリアとパラレルキャリアに共通しているのは、”社会参加”ということだと思っています。仕事でいま一つ充足感がない方は、別の形の社会参加を試みても良いのかなと思います。

 

【参照資料】
肩書きをもう1つ持とう パラレルキャリアで息の長い働き方 | ZUU online
法政大学大学院 石山教授が語る「キャリア理論の変換・日本のキャリア観と2枚目の名刺を持つ意味」 | 2枚目の名刺 webマガジン
29歳公認会計士、兼絵画講師「パラキャリ女子」のメリットとは | 消費インサイド | ダイヤモンド・オンライン
脱サラして、好きな釣りをITと組み合わせて食っていきたい | 文春オンライン
複業をするからこそ、“本業”を大切にする。あるライターが語る、好きな仕事を続けていくための方法 – アントレnet Magazine

[amazonjs asin=”4844371991″ locale=”JP” title=”人生が変わる2枚目の名刺~パラレルキャリアという生き方”]

[amazonjs asin=”4478372632″ locale=”JP” title=”明日を支配するもの―21世紀のマネジメント革命”]

[amazonjs asin=”B06Y3XYSD6″ locale=”JP” title=”PRESIDENT (プレジデント) 2017年5/15号(一流の人の1週間)”]

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 社会復帰へにほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへにほんブログ村 経営ブログ カウンセラーへ

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました