FB友達申請でウザがられていませんか?(自戒を込めて)

みなさん、こんにちは。マインドデザイナーの山口修司です。

今時の若い人たちは、Lineやinstagramにいて、FaceBookはおじさんのツールだとどこかで読みましたが、ネットワーク構築のプラットフォームついてFBはすっかり定着しましたね。LinkedInというのもありますが、こちらはビジネスに特化したSNSです。

そこで、FB友達申請で嫌われる9つの落とし穴について、自戒してみます。みなさんも、チェックしてみてください。

 

嫌われレベル★★★「人とナリがわからない」

【その1】プロフィール写真がない

私は、仕事のアカウントはスタジオで撮った写真を使っていますが、もともと写真嫌いなので、個人のSNSアカウントは、FB、Twitter、Line、Instagram、全てこのイラストを使っています。これがわかる人は、相当のドラゴンクエストマニアです(苦笑)。とても気に入っていて、冴えない写真を使うよりも、こちらの方がメッセージ性があるかなと思ったりもするのです。

【その2】投稿がない
仕事のコラムを毎日投稿しています、FBはそれ以外でも、近況報告や思ったことなど、結構投稿しています。

【その3】友達申請のみで、メッセージがない
最近は仕様変更で、友達申請時にメッセージを送っても、相手のメッセージ箱に入らなくなってしまいました。面識のない人への友達申請は、基本的にやりづらくなりましたね。

 

嫌われレベル★★☆「関わりたくない」

【その4】ネガティブな投稿ばかり
まぁ、たまに怒りを爆発したくなることがありますが、近況報告の投稿が多いかな。

【その5】ビジネスの投稿ばかり
毎日仕事のコラムを更新しているので、ビジネス(ブログ)の投稿が多いです。
でも、そうじゃない投稿も多いですよ。

【その6】うちわネタの投稿ばかり
私は、小学校・中高・大学・大学院・専門学校・資格学校、全て友人が違うので、友達全体に”うちわネタ”を投稿することはしません。分かってくれる人のみ限定で投稿します。

 

嫌われレベル★☆☆「関わる理由がない」

【その7】いいね・コメントありがとうアピールしてくる
これに遭遇したことはないなぁ(苦笑)。

【その8】共通の友人・知人がいますよアピールのみ訴求してくる
”共通の友人”だけなら、100人以上いる人もいるので、それじゃあアピールにならない。

【その9】私のこと見て見てアピールしてくる
ついつい日々の愚痴を広げたくなるのだけれど、自制するようにしています。
「自分が言いたいこと」ではなく、「相手が聞きたいこと」を、どこまで発信できているかな。
あと最近は、「○○さんが△△について、いいね!と言っています」という記事が他人のタイムラインに時々流れるので、迂闊に”いいね!”ボタンを押せなくなっています。自分の行動がどこで漏れているかわかったものではありませんね。

 

基本的に、FBとの関わり方は固まっているので、あまりグサリとくることはなくなりましたね。
こういうことが面倒な人は、無理にFBを使うことはないと思います。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 社会復帰へにほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへにほんブログ村 経営ブログ カウンセラーへ

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました