IBM、ついに在宅勤務廃止へ。その理由と影響は?

みなさん、こんにちは。マインドデザイナーの山口修司です。

米国IBMが、在宅勤務の廃止を通達するという内部文書が、theregister.co.ukによって入手されました。

先週の月曜日に出されたという内部文書では、在宅勤務者は拠点オフィスに戻らなければ退社させるという内容でした。

文書を出したCMOは、これはコスト削減や従業員削減ではなく、シリコンバレーやマイクロソフトと競争するための生産性向上だと述べています。
内部文書では、「チームをよりパワフルに、インパクトがあり、クリエーティブなものにするためには、チームが一丸となって、肩と肩を寄せ合うこと」と、その必要性を説いています。

 

某ニュースサイトでは、チームのメンバーが時間と場所を共有しないことで、大きなロスが特に中間管理職に発生する、というコメントが結構ありました。
今、日本では、”働き方改革”の一つとして、多様性を確保する為のテレワークの推進が叫ばれていますが、働き方改革の先進国であるはずの米国でこのような動きが始まったことは、注視しなければならないでしょう。”周回遅れ”なのは、どっちなのだということです。

 

原文(英語)は、本ページの一番下に掲載しました。

 

【参照資料】
IBM: 自宅勤務制度の廃止を従業員に通告 – Newsln
IBM’s Marissa Mayer moment: Staff ordered to work in one of 6 main offices – or face the axe • The Register
IBM、在宅勤務廃止へ「退社するかオフィスに戻るか」 : ZAPZAP!
在宅勤務、毎日OK カルビー、日数制限撤廃へ 多様な働き方用意:朝日新聞デジタル

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 社会復帰へにほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへにほんブログ村 経営ブログ カウンセラーへ

【内部文書原文】
“I’ve spent a lot of time thinking about this, and a lot of time working with teams from real-estate, finance, HR, operations, the geo leaders, the marketing leaders ? and starting with the US, it’s really time for us to start bringing our teams together, more shoulder to shoulder.

There is only one recipe I know for success, particularly when we are in as much of a battle with Microsoft and the West Coast companies as we are, and that is by bringing great people with the right skills, give them the right tools, give them a mission, make sure they can analyze their results, put them in really creative inspiring locations and set them free. That’s the recipe I have always relied on and counted on, and I know if we do that we can achieve extraordinary things.

It is not about any given individual, and I want to be crystal clear: there are so many amazingly productive people who don’t work in one of these six locations, but there is something about a team being more powerful, more impactful, more creative, and frankly hopefully having more fun when they are shoulder to shoulder. Bringing people together creates its own X Factor.

I know this is hard. I know that many of you are going to be having conversations with your family, friends, with your partners, and this is not an easy thing to do for you, or for IBM. But we have gotten to a place where we’re excited about the path forward.”

コメント

タイトルとURLをコピーしました