無理やり残業減らせば、”働き方改革”ってもんじゃない

みなさん、こんにちは。マインドデザイナーの山口修司です。

”働き方改革”について、今日は特に喧しいので、議論の交通整理をしたいと思います。

一斉消灯されて嬉しいか。1時間毎に照明が消されて、不快に思わないか。まるで籠に入れられて管理されていて、籠から出ろと追いやられている気分にならないか。追いやること自体が、人を尊重することに抵触しているとは思わないか。
残業問題で電通から都庁まで「一斉消灯ブーム」の違和感|トンデモ人事部が会社を壊す|ダイヤモンド・オンライン

これは、著者の言っている通りで、会社にいる残業時間を減らせば良い、というものではありません。「一律規制で問題は解決しないどころか、自律裁量型社員のパフォーマンス低下というネガティブインパクトを及ぼす」からです。働き方改革の目的は、一次的には健康管理ですが、二次的には競争戦略です。目的と手段を履き違えてはいけません(※私は、㈱ワーク・ライフバランスの回し者ではありません)。

 

「労働者が頑張れば、労働生産性が上がる」というのは、「長時間労働して頑張れば、企業の業績が上がる」と考えるのと同じ、単なる精神論だ。むしろ、生産性向上を労働者個人に押しつけている、と言える。そうではなく、仕事の仕組み自体を変えなければ、生産性は上がらないのだ。
生産性向上を個人に押し付ける「働き方改革」の矛盾|社会貢献でメシを食う。NEXT 竹井善昭|ダイヤモンド・オンライン)

これも、著者の言っている通りで、メンバーの生産性を計り、その向上を生むのは管理職の仕事です。管理職が生産性向上を図るツールは、いくつかありますが、1日の仕事スケジュールをチーム全体で共有する(”朝メール”・”夜メール”)、残業を生んでいる要因を、立場の上下を超えて、ブレーンストーミングする(”カエル会議”)などの手法があります。詳しくは、㈱ワーク・ライフバランスさんに訊けば良いでしょう(※私は、WLB社の回し者ではありません^2)。

 

残業が減らなくてもプラス評価になる指標もある。月初に計画した残業時間と実績の差という指標だ。たとえ残業が減らなくても、計画と実績の差が少なければ高得点のマイルを与える。その理由は「計画的に仕事を完了する意識を高めるため」(中村氏)だ。

さらばブラックIT現場 – 残業減らせば「マイル」がもらえる:ITpro

これはとても有効な手段で、残業代をボーナスに回し、増収増益につなげたSCSKさん(旧・住商情報システム株式会社)が、先行事例としてあります。詳しくは、㈱ワーク・ライフバランスさんに訊けば良いでしょう(※私は、WLB社の回し者ではありません^3)。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 社会復帰へにほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへにほんブログ村 経営ブログ カウンセラーへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました