あなたが情報達人になるための3ステップ

みなさん、こんにちは。マインドデザイナーの山口修司です。

ホワイトカラーに、自己研鑽の必要性はつきものですが、自営業においてもこれは例外ではありません。
いや、自営業だからこそ、自ら自己啓発の機会を作らないと、あっという間に市場価値がなくなります。

ちなみに私は、

・精神保健福祉士
・キャリアカウンセラー/キャリアコンサルタント
・ワークライフバランス・コンサルタント

の三つのライセンスをスキルの根拠にしています。
一つ目の”精神保健福祉士”は、資格更新制度こそないものの、これら三つの中でもっとも自己研鑽の量が多い資格です。福祉制度は年々変わっていきますし、臨床のニュースも膨大です。この資格がカバーしている職務領域が、非常に広いからです。
残り二つ(/三つ)のライセンスは、更新制度があり、資格更新研修の受講が必要です(これの費用がバカにならない(><))。これらについては、いやでもバンバン情報が入ってくるわけです。それをものにできるかは、本人次第。

 

専門職の仕事や研究をする上での情報収集は、三つのフェーズに分けられると言われています(引用元:某大学の某先生の某授業の資料)。

  1. 初心者(学部学生)
    • キーワードで検索
  2. 中級者(博士課程学生、若手研究者)
    • 流し読み
    • ボリュームのある資料を雪達磨式に集めこなす
  3. 専門家(教授)
    • 図書館に行かない
    • 彼自身の情報ネットワークを持っている
    • 情報はネットワークを通じて向こうからやってくる

 

私は、時々鉄道ジャーナリストよろしく、鉄道についての記事を書いていますが、これについては、自発的に情報収集することは全くなく、勝手に情報が入ってきます。一見断片的ですが、全体を見るとバランスが自然に取れているのが面白いところです。鉄道専門誌の購入をやめて15年くらいになりますが、自分の関心があるトピックについては、専門誌でも物足りないのが正直なところです。
本業については、まぁ、みなさんのご想像にお任せします。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 社会復帰へにほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへにほんブログ村 経営ブログ カウンセラーへ

株式会社サンプルの最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください