ビジネス交渉力は、相手の”頭の良さ”を見切ることで決まる!

みなさん、こんにちは。マインドデザイナーの山口修司です。

受験シーズン真っ只中ですが、みなさんは、”頭がいい”って、どんな人のことを思い浮かべますか?

私は、”インプット容量とそれを自在に繰り出すスピード力”かな、と思います。要は、受験勉強に強い人のことです。

 

私は、小学校の卒業文集で、「(クラスの中で)頭がいいNo.1」と書かれました。自慢ではありません。単に、中学受験の猛勉強をした為、学校のテストの点数がほとんどいつも100点だったからです。元から頭が良かったわけではなく、単に難関校に合格するための猛勉強の結果、副次的にもたらされたものにすぎません。実際、私立中学に入ると、周りはもっと成績の良い人だらけだったので、中学高校6カ年間にわたって、「自分は頭が悪い」とずっとコンプレックスを持っていました。
大学時代も同じで、私はいわゆる”東京早慶一工”の出身なのですが、周りの人はやっぱり頭が良かったです。「なんで、そんな難しいことや細かいことを、さらりと身に付けられるの?」といった感じです。私は2年浪人した(つまり、受験勉強を3年した)ので、「周りの3倍勉強しないと、ついていけない」といつも危機感を持っていました。

 

 

「この人頭いいなぁ」と思った人は、他にもいます。例えば、プロスポーツ選手と音楽家です。
前者は、ゲームフィールドの中の自分の位置を、あたかも上から俯瞰したかのように、脳内で再現できる人のことです。サッカーの中田英寿さんなんかは、たぶんとてつもなく頭がいいのだと思います。
後者は、特にホルン奏者の方がそうかなと思います。私はトランペット吹きの端くれで、一度ホルンを触ったことがありますが、「これは頭のいい人でないと吹けない」と感じました。ものすごく繊細なコントロールが必要だからです。ホルンが上手い人は、頭がいい人なんだろうなと思います。

 

このように、頭の良さというのは、訓練できる部分と持って生まれた部分があります。自分の頭の良さについて認識を持っておくことは、仕事をする上でも大事です。相手との関係が、コミュニケーションの円滑化に繋がるからです。下世話な言い方ですが、相手がどれくらい”切れる”人かによって、交渉の仕方は変わってくると思います。頭の回転が速い人に対して、子供にでもわかりやすいような話し方をすると、相手を苛立たせることになります。逆は推して知るべしです。

 

【参照資料】
頭がいい人は「分かりやすい説明」をする時、何を考えているのか | Books&Apps
考えがまとまらないときは、とにかく「書く」こと 頭の中で全部片付くほど人間はうまくできてない | JBpress
ホントに頭がいい人・頭が切れる人が持つ各7つの特徴と違い|キャリアパーク[ビジネス]
連載 その50 「頭がいい」とは、どういうこと?
「頭が良いな」と思う人の特徴 頭の回転が速い、本質を瞬間的に見抜く – ライブドアニュース
「真に頭がいい人」は課題の眺め方が全然違う | 深掘り!医学部入試の知られざる世界 | 東洋経済オンライン

[amazonjs asin=”B00N4M5URO” locale=”JP” title=”「頭がいい」とは、文脈力である。 (角川文庫)”]
[amazonjs asin=”4837977510″ locale=”JP” title=”頭のいい説明「すぐできる」コツ―今日、結果が出る! (知的生きかた文庫)”]

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 社会復帰へにほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへにほんブログ村 経営ブログ カウンセラーへ

株式会社サンプルの最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください