御社の社員にもありませんか?”無意識の偏見”

みなさん、こんにちは。ワークライフバランス・コンサルタントの山口修司です。

今朝の日経に、興味深い記事が出ていました。

 

「育児中の女性に出張は無理」「若手男性社員は家庭より仕事を優先して当然」――。
多様な人材を企業経営に生かす「ダイバーシティ経営」が広がるなか、性別や年齢で社員の働き方を決めつける「無意識の偏見」がリーダー層の課題になっている。
よかれと仕事を割り振った結果、部下のやる気をそぐことも。
ダイバーシティの浸透へ、偏見を自覚させる研修を導入する動きが出てきた。
(「育児中は…シニアは… 「無意識の偏見」自覚してる? 企業が研修、多様な人材生かす契機に」)

096917

ここで言う、”無意識の偏見”とは何でしょうか?
記事によると、
無意識の偏見とは人種や性別、年齢、職種、LGBTなどに対し、
気づかないうちに先入観や固定観念を持って見ることをいう」そうです。

具体的には、このようなことが挙げられています。

 

 

が、ちょっと待て。

ここで挙げられた事例は、確かに”誤った先入観”でしょう。

しかしながら、例えば、子供を産むことや、母乳を与えることは、男性にはできません。
裏を返すと、これらは女性にしかできない役割であって、女性が引き受けるしかないものです。
(その分、男性が他の育児行為を引き受けるなど、出産・育児を夫婦で協働しようと言うなら、話は分かる)

したがって、これらの行為に対して、会社側は配慮が要る。これを偏見と言うのは、違うのではないかと感じます。

 

「育児中の女性に出張は無理」

と言うのは、確かに偏見でしょう。育児中でもバリバリ出張業務をしたい女性もいるはずです。

が、女性特有の”無理”なケースもあるはず。そこは聞いてみないとわからない。「出張して欲しいんだけれど、お願いできるかな?」という心配りが必要なのではないでしょうか。まぁ、男性だったら”業務命令”できる、というのも時代錯誤な感覚になりつつあるのかもしれませんが。

 

何にもないところから、”偏見”は出てきません。偏見が出てくるのは、良し悪しは別として、原因となる事柄があるのです。
もちろん、何でもかんでも”配慮”をしていたら、会社の業務が成り立ちません。業務が成り立つ範囲での、”配慮”が求められます。
こういうのを、障害者論では、”合理的配慮”と言います。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 社会復帰へにほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへにほんブログ村 経営ブログ カウンセラーへ

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました