いつも不安でしょうがないあなたへの、3ステップの処方箋

みなさん、こんばんは。精神保健福祉士の山口修司です。

104805

タイトルが気になった方は、まずは、以下の項目に当てはまるかどうか、考えてみてください。

  1. 常に未来の脅威を探している
  2. 眠れない
  3. イライラを振り払えない
  4. ひどく怒りっぽい
  5. 罪悪感に打ちのめされることが多い


これらに当てはまれば、”極度の心配性”と言えるとしています。
解決法は、Forbez Japanの記事に例示してあるので、トライしてみましょう。

「そうなる事を認めて、良し悪しではなく、それをどうしていきたいか決める。そして対処する」
というやり方も、私の知り合いはおすすめしています。一種の認知行動療法ですね。

しかしながら、不安の高まりが生活に支障をきたすような異常なレベルなら、”不安障害”という疾病の可能性があります。
具体的には、

  • パニック障害
  • 社会不安障害
  • 全般性不安障害
  • 恐怖症(閉所恐怖症、高所恐怖症など)

があります。
あくまで参考程度に留めて頂きたいですが、”社会不安障害 診断チェック”という民間ツールもあります。
心当たりのある方は、やってみてはいかがでしょうか。

不安障害には、投薬治療が有効なこともあります。
不必要に辛いのを我慢するのは、健康面からもよろしくありません。
工夫してみても改善が見られない場合は、医療の門を叩くことをお勧めします。

 

【参照資料】
あなたは大丈夫? 「極度の心配性」の5つの兆候と解決法 | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)
不安になりやすい気質なのはどうすればいいの??|アメリカの最新脳科学で、かわりたい女性の背中をポンと押す。だいじょうぶ。それでいいのだ。
不安障害とはどのような疾患なのか(せせらぎメンタルクリニック)
不安障害の原因は?6つの原因と改善に向けた取り組みをご紹介します|WELQ [ウェルク]

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 社会復帰へにほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへにほんブログ村 経営ブログ カウンセラーへ

株式会社サンプルの最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください