学校図書館に興味のないあなた、何と勿体無い!新しい活用法。

171acc33534a3560f1c8176faea504dd_s

みなさん、こんにちは。キャリアコンサルタントの山口修司です。

みなさんは、地域や学校の図書館をどれくらい活用していますか?最近の図書館は、ただ本が大量にあるだけではありません。

古い本のにおいのする薄暗い部屋で、読書好きの生徒が静かにページをめくっている――。
そんな学校図書館のイメージが変わりつつある。話題の小説はもちろん漫画やファッション誌を借りられたり、洋書を充実させて英語力向上に寄与したり。学校司書らの工夫で、生徒の知的好奇心をくすぐる拠点になっている。

(今日の日経夕刊”学校図書館 イメチェン”より)

なんと羨ましい!

私は洋書アレルギーがあるので、中高生の頃に洋書に親しめるというのも、羨ましい限りです。

また、私の親は、「マンガは読むな」という古い考え方の人間だったので、いい歳になるまで、ほとんどマンガを読めませんでした。
私が言うまでもなく、マンガは日本が世界に誇れる一大コンテンツです。
少年期〜青年期に流行りのマンガを読まないと、大人になってから、人付き合いで損をします。マンガは、話の種にもってこいだからです。それが商談であると、ビジネスにつながることもあります。
そう言う意味で、学校の図書館にマンガが置いてあるのは、学生のキャリア支援をよく考えているとも言えます。
(ちなみに、私の親は今頃になって、子供の読んでいるマンガを、子供の後に読んでいます)

 

ところで、私は、大学(京大)の図書館がDVDやCDを豊富に取り揃えていたので、休業期間はDVDを観まくっていました(大学1年の夏休みには、Nスペ『映像の世紀』を全巻観たりしました)。
雑誌も豊富に取り揃えてあり、市井の書店ではなかなかお目にかかれない学術雑誌などもあったので、コピーを取りまくっていました。
当時、小田急線高架化訴訟が真っ只中で、住民勝訴の一審判決(藤山判決)に激しい怒りを覚えた私は、判例時報で判決文全文を手に入れたりしました。

大学4年に体調を崩した時は、自律神経がらみの本を読み漁りました。まさか将来、それを生業にするとは思っていませんでしたが。。
また、私は大学オーケストラをやっていたので、もっと図書館のCDを聴きまくれば良かったと後悔しています。

 

大学を偏差値だけで判断するのは宜しくないですが、有名大学の図書館は、どこも充実しているのではと思います。図書館の充実度で、志望校を決めるのも良いでしょう。私が学生だった時代と違って、今は何でもインターネットで知ることができるので、図書館についても知ることができます。

【10.27追記】
老若男女が集まる「新しい図書館」の秘密 「週刊ダイヤモンド」2015年10月17日号特集「『読書』を極める!」より|週刊ダイヤモンド特集セレクション|ダイヤモンド・オンライン

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 社会復帰へにほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへにほんブログ村 経営ブログ カウンセラーへ

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました