【超速報】小田急、新型ロマンスカー投入!!来年度末の複々線完成に合わせて。

みなさん、こんにちは。リワーク・キャリアカウンセラーの山口修司です。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-20-14-39-12
(イラストは、プレスリリースのスクリーンショット)

お昼前に、ビッグニュース(?)が飛び込んで来ました。
どのくらいビックニュースかというと、鉄道新聞という鉄道情報サイトが一時パンクしました。

そのニュースですが、
小田急電鉄が、2018年3月に運転開始となる新型特急ロマンスカーの製造を発表しました。
展望席のついているロマンスカーは、最新型のVSE50000形車両が運用開始から10年になることから、新型車両がそろそろ登場するだろうと思っていました。

デザインのイメージは、下の写真が挙げられています。

 

新型車両の大きなポイントは、以下の3つです。

  1. ロマンスカー伝統の展望席が、編成の両端に配置されること
  2. 20メートル級の車両7両で構成され、ボギー台車を採用すること
  3. フルアクティブサスペンション(電動式)を、在来線で初めて全車両で採用すること

 

(1)について。
10年前に製造されたVSE50000形車両の設計を担当した、岡部憲明氏が今回もデザインを担当とのこと。
イメージ図を見る限り、VSE50000形と大きなデザインの変更はなさそう。
車体の赤色は、早くも「名鉄パノラマカーみたいだ」と言われているが、小田急ロマンスカーのシンボルカラーでもある。

 

(2)について。
これは、鉄道業界では見逃せない事項。
今まで小田急のロマンスカーは、連接車と言って、車両と車両の間に台車を配置する構造を取ってきた。
この構造を取ると、カーブを曲がりきれなくなる為、1車両の長さは必然的に短くなり、1編成あたりの車両数が多くなる。したがって、歴代のロマンスカー車両は基本的に、11両編成または10両編成を採用してきた。

本日発表された新型車両では、これをやめ、一般車両と同じ20メートル級の車両で構成されることになった。
連接構造は、乗り心地が向上すると言われてきたが、車両の保守が煩雑である等、デメリットも多いことから、今回不採用に至ったものと思われる。

【10.21追記】
今回、連接構造を採用しなかったのは、通勤特急としての使用も考えているため、定員を増やすために、7両編成にしたとのこと。今日の東洋経済オンラインが報じている。

 

(3)について。
フルアクティブサスペンションというのは、簡単に言うと、台車に取り付けられている振動制御装置のことである。
”空気式”と”電動式”があり、”電動式”について、編成の全車両に搭載するのは新幹線には導入例があるが、在来線ではJR・私鉄含めて、初めての導入となる。ロマンスカーの乗り心地にこだわる小田急の姿勢が読み取れる。

 

その他の諸元(モーター機器の詳細など)は、まだ公表されていません。

 

実際の運用については、本日同時のプレスリリースによると、土日は小田急線内ノンストップの「スーパーはこね」で運用されるとのことです。
平日は、小田急線内の途中駅にも停車する「はこね」で運用されるものと思われます。停車駅については、町田は鉄板でしょうが、本厚木海老名のどちらかに停車するかどうかは、今後の利用者動向によるものと思われます。

 

【参照資料】
小田急電鉄2016年10月20日プレスリリース「新型特急ロマンスカー「70000形」の製造を決定
同「複々線完成により、特急ロマンスカーの輸送サービスが向上 通勤時間帯における特急ロマンスカー増発

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 社会復帰へにほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへにほんブログ村 経営ブログ カウンセラーへ

株式会社サンプルの最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください