24時間テレビの障害者企画は、感動ポルノか?【続論】

みなさん、こんにちは。

本ブログでも取り上げた、NHKEテレの日テレ24時間テレビ対抗番組の余波が止まりません。

b0face2686e7c1d5364bb872ab997ce5_s

今日は、メディアアナリストの鈴木祐司氏が、「“感動ポルノ”は正論? レッテル張り?~「24時間テレビ」vs「バリバラ」から考える~」と、疑問を呈しています(リンク先は、Yahoo!ニュース、下線引用者)。

 

ギリギリのところで諦めず再起をかけて奮闘努力する姿に、多くの人は感動を覚える。困難に挑戦する姿勢こそ、自らの人生の主人公たり得ると考えているからだ。これが障害者を対象にした物語だと、「(健常者が)自分の幸せを再確認」するための装置となるのだろうか。非障害者の利益のために、障害者が消費の対象になっていると断定して良いのだろうか。そう思うか否かは、受け止める側の感性の問題と、表現の巧拙に大きく関わるのではないだろうか。

障害者だろうがなんだろうが、「ギリギリのところで諦めず再起をかけて奮闘努力する姿に、多くの人は感動を覚える」こと自体、感情消費と言えるのではないでしょうか。そこで”感動”する人と、斜に構える人、どっちもどっちと言えば、その通り。その構図を理解しながらも、それでも湧き上がる感動を視聴者に伝えたい、というのでしたら、私は否定はしません。

それからいまひとつの疑問点、障害者と非障害者(健常者)を、線引きすることにどれほどの意味があるでしょうか。確かに両者の間には、厳然たる断絶が存在します。私は、何度も述べていますが、「障害なんて関係ない」「障害者も健常者も一緒だ」という立場は取りません。しかしながら、メンタル不全や発達症のように、どこまでが健常の延長でどこからが障害なのか、明確に線引きできないものもあります。精神保健福祉士の実習で、「あなたは健常者と障害者を線引きしている」と言われ、これに反発したのを思い出しました。

先週の週刊文春「日テレ24時間テレビの裏でNHK「障害者に感動は必須か」」の中で、”身障者お笑い芸人”のホーキング青山氏の目線も冷ややかでした。鈴木祐司氏は、「“障害者番組狩り”に針が触れすぎないか心配だ」と述べています。みなさんはどう考えますか?

【参照資料】
“感動ポルノ”は正論? レッテル張り?~「24時間テレビ」vs「バリバラ」から考える〜(鈴木祐司)
週刊文春 2016年9月7日号
24時間テレビの障害者企画は、感動ポルノか?(山口修司)

【9.6追記】
パラリンピックは「感動ポルノ」なのか?(竹井善昭)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 社会復帰へにほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへにほんブログ村 経営ブログ カウンセラーへ

コメント