プレミアムフライデー、どれだけやる気があるのかな?

みなさん、こんにちは。
今日はお盆ですが、今日はお盆休みですか?それとも今日は休み明けですか?
今日は、そんな休暇の話です。

187073fbd94ae7cb9353277005f51939_s

政府や経済界で、個人消費を喚起するため、月末の金曜は午後3時に仕事を終え、夕方を買い物や旅行などに充てる「プレミアムフライデー」構想が検討課題に浮上していることが12日、分かった。経団連は政府に先行して、10月にもプレミアムフライデーの実行計画を策定する方針だ。ることが欠かせないとみている。……プレミアムフライデーは、早い時間の終業を受けて夕方に流通業界や旅行業界、外食産業などが連動してイベントを開催するという内容。
(一昨日の産経新聞のスクープです。下線引用者)

夕方を旅行に充てるというのは、夕方〜夜のうちに観光地入りし、土曜の朝は旅行先で迎える、ということなのでしょう。

目的が”個人消費の喚起”というのが気になります。国民のワークライフバランスを向上させるため、というのなら共感できるのですが、経済成長が目的というのは、手段と目的が逆になっているのではと感じます。まず、国民のワークライフバランスが向上し、その結果として経済成長、という方が成熟社会としては良いのではと思うのですが。

また、現行民間企業の残業削減ですら緒についたばかりなのに、月末の忙しい時の労働時間短縮なんてできるのか?とも思いますが、経団連が先行する(音頭をとる)という動きは、産業界にそれなりに真剣に取り組む意気込みがあると考えても良いでしょう。先々月に”国家公務員の働き方改革”懇談会が提言を出したばかりですが(→拙稿参照)、まずは隗より始めよ、言い出しっぺの霞が関の動向にも注目したいですね。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 社会復帰へにほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへにほんブログ村 経営ブログ カウンセラーへ

株式会社サンプルの最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください