相模原殺傷事件 ”衆院議長宛て手紙”を読み解く。

みなさん、こんにちは。

あまりにおぞましい事件から、2度目の週末を迎えます。

本稿では、相模原障害者殺傷事件の被告による、”衆院議長宛て手紙”の内容について、真正面から考えます。

04597c45d062446d70259b1e717dff95_s

(画像はイメージです)

…理由は世界経済の活性化、本格的な第三次世界大戦を未然に防ぐことができるかもしれないと考えたからです。

私の目標は重複障害者の方が家庭内での生活、及び社会的活動が極めて困難な場合、保護者の同意を得て安楽死できる世界です。

障害者は不幸を作ることしかできません

今こそ革命を行い、全人類の為に必要不可欠である辛(つら)い決断をする時だと考えます。日本国が大きな第一歩を踏み出すのです。…どうか愛する日本国、全人類の為にお力添え頂けないでしょうか。…(下線引用者)

事件を解明するには、辛い作業かもしれませんが、よくよく、被告の書いた”手紙”の内容を読み解く必要があります。妄想ならば医療の対象ですが、思想ならば医療の対象とはならないからです。つまり、刑事責任が発生しえます。

一、被告の発想からすると、”障害者は生産能力・消費能力がないのだから、経済の活性化に寄与しない”、ということなのでしょう。冷静に考えれば、例えば身体障害者の補助具一つとってもマーケットが存在するわけで、排除する理由にはならないのですが。”第三次世界大戦”というのは、よくわからない。

二、”保護者の同意を得て安楽死”というのに、脳死による臓器移植を想起しました(もちろん、両者は全く別の事項です)。つまり、本人にもう判断能力がないから家族が代わりに意思決定する。いわば、当事者の人権を肩代わりしているわけです。これは、「障害者には、”自分は死んだほうがいい”という意思決定能力がない、自分のことを自分で決めるという人権がない」という論理なのだと思います。ここまで考えて、初めて、「障害者差別だ」ということができると思います。

三、「障害者は不幸を作ることしかできない」ホントかよ?介護職員の疲れ切った表情を見てそう思ったのかも知れませんが、その障害者の親族にとって、ご本人がどういう存在か、想いを巡らせたことはあったのでしょうか?親御さんにしてみれば、たとえ”手のかかる存在”であったとしても、大切な存在であることに変わりはないのではと思います。勿論、介護殺人などの問題もあるので、一様には論じられませんが。

四、入所者を殺害することが”辛い”決断だということは、被告には、自分のやろうとしていること(殺人行為)は良心の呵責を伴うという自覚があるということでしょう。なおかつ、「日本国、全人類の為にお力添え頂けないでしょうか」という文面からは、本人なりの〈使命感〉(とても許し難いものですが)が垣間見えます。

 

このように考えると、被告は決して”精神障害”のせいなどではなく、極めて冷徹な思考・判断能力を有していたと考えるほかありません。

この事件では、”障害者”とは身体及び知的障害者のことを指しました。精神障害についてはまた違った議論が必要になると思いますが、それは別の機会に。

【参照資料】
相模原殺傷 衆院議長宛て手紙 詳報(共同通信)
相模原の事件で問われることは何か(ヨミドクター 原記者の「医療・福祉のツボ」)
相模原殺人 「多くの人は暴力とは無縁」専門家が精神障害者への偏見を懸念
(週刊朝日8月12日号)
障害者殺傷事件から1週間 “障害者の存在を”連帯の動きも(NHK「ニュースウォッチ9」8/2放送)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 社会復帰へにほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへにほんブログ村 経営ブログ カウンセラーへ

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました